ゲイ向け出会い系サイトとハッテン場の違いは、やはりその即効性とリスクでしょうか?

単純に性的な欲求を開放したいだけなのであればハッテン場が手っ取り早いと言えます。ただそこにあるセックスは危険と隣り合わせで、相手がどんな人なのかもわかりませんし、どんな病気を持っているかもなにもわかりません。

ゴムをつければ安全度は高まりますが、それでもやはり不特定多数とセックスをしているのが当たり前の場ですから…リスクは高いと言えますね。

対して出会い系では、実際に会うまでには時間がかかりますが、その分相手のことを思う時間が増えて恋をしているような気分を味わえるのが私は好きです。

それに会うまでに相手のことを知る機会はいくらでもありますし、そういった過程を経てのセックスというのは、ハッテン場の場当たり的なセックスとは違い、やはり濃密で奥深い味わいを得ることが出来ます。

言うなれば、ハッテン場は風俗店のセックス。出会い系は彼女とのラブラブセックスといった感じでしょうか?人それぞれかとは思いますが、私はもう出会い系でしか相手を探さないようになりました。