昨今ネット上にはゲイひとつとっても出会い系についての色々な情報が蔓延してますね。調べれば調べるほど、特にゲイ初心者や出会い系自体の初心者には情報が多すぎて何を信じていいのかわからなくなります。「悪徳業者に気をつけて!」と謳う悪徳業者…警察の格好した泥棒と同じです(笑)私も最初は嫌な思いを何度かしましたが、それは勉強代だったと思って割り切っています。それはなにもゲイ専用出会い系だからじゃなくて、出会い系というものがそもそも抱えている問題ですからね。

最近は某有名ソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)をはじめ、スマートフォン専用のご近所ゲイサーチ用のアプリなどそういう場で出会いを求める人も少なくないと思います。友達に近い感覚でも、とりあえずゲイに出会えればいいというならまた実生活においてカミングアウト済でゲイと周囲に知られても問題がないのであればこっちを選んだ方がゲイと出会える確率は高いかも知れません。でも私はゲイの関係により早く、近道なのはゲイ専用の出会い系だと断言します。足あと、日記、公開写メそういうしがらみもありませんし無駄なやりとりは必要としません。

ゲイ専用出会い系ならではのメリットとは

ゲイサーチ用のアプリに関して申し上げるなら無料としてのデメリットとして知名度が上がってしまったせいで「面白半分に使いたがるノンケ」が多すぎて、いつ友達が使っているか(しかも「冷やかし目的」で)などと恐ろしすぎて実プロフや自画撮り画像をアップロードする気にすらなりません。実際、それが原因でゲイバレしてしまい仕事をやめざるを得なくなった人や、ゲイということを完璧に隠せていて偽装結婚までしたのに離婚に至った人など、怖い話をたくさん耳にします。一方、ゲイの出会い系サイトであれば時間的にも手間暇、出会えるまでの時間は格段に早いですし匿名性は非常に高いです。

ご存知かも知れませんが、ネットでのゲイの出会いの常識としてゲイの初心者とゲイの経験者比率は、常にゲイの初心者が多くゲイの経験者が少ない。(ゲイ初心者>ゲイ経験者)そして、自分が経験した中での統計ですが、ゲイの経験者になればなるほど容姿のレベルは残念ながら下がります。可愛い中性的なゲイ、ガチムチでかっこいいゲイ、性格の良いゲイ、ファッションに気を使うようなゲイは人気があり当然競争率が高くなります。

そんなモテモテな経験済のゲイは、ゲイの出会い系とは無縁でしょう。逆にリアルでゲイに相手にされない男性がゲイの出会い系サイトにゲイとの出会いを求めてくるのは自然な流れです。ただ、勘違いしてほしくないのはだからといってゲイの出会い系サイトはダメだとかこんな事を言って、やる気を無くそうとかそういう事ではありません。それでもゲイの出会い系をやる価値があると言いたいからです。

ゲイの出会い系を利用する男性の中にはかっこよくても内向的で出会いが少なかった人もいます。仕事の都合や私生活の制限でゲイと出会う場に恵まれなかった人やゲイと私生活をはっきりと分けているがゆえにウリ専やハッテン場を避けてきた人、パートナーと別れて何気なく登録してみた人もいると思います。ゲイの出会い系サイトには本物の“いい男”というのは確実に存在します。そういった本物のゲイでも羨むような理想のゲイが作戦さえ立てればゲイ初心者やサイト初心者でも確実にゲイと出会えるし中にはビックリするようなイケメンもいるからこそ、このようなサイトを書いてます。今からゲイ初心者が参加してもまだまだ美味しい部分がたくさんあると私は思ってます。