先日はゲイのタイプを紹介しましたが、今回はさらにその上にあるゲイの種類を分類してみたいと思います。

20140416193416

テレビではお姉系タレントだなんて一緒くたにされていますが、それは大きな誤解です。ゲイという言葉は「同性愛者」という意味であり、男がすきな男の中にも体の女性化を望む人がいれば、女性化はしなくてもいいけど女装はしたい、女装はしなくていいけど立ち振る舞いは女性でありたい、見た目も行動も男性のままだけど男性が好き、と…実に様々なゲイがあると言えます。

 

その中でもやっぱり最多数は女装もせず普段から男として生きているけど男が好きというホモセクシャルですね。この手の人達は自分がゲイであることを隠そうとします。なのであなたの廻りにも気づいていないだけで実はホモセクシャルだったという人が複数人いても何ら不思議ではありません。

 

逆にもっとも少数派なのはニューハーフ。男性器を取り除いたり、胸をつける手術をしてまで身も心も女性になりたいと思う人達です。表にでてくることを好み、見た目も華やかですので目立ちますが、実は最も少ないんですね。

 

いま、ゲイ業界でもっともアツい人といえば

 

いまやテレビで見ない日はないというマツコ・デラックスなんかは本人も公言している通り女装家となります。だからといってホモセクシャルでないわけではなく、男性のことを性的対象としているそうですので、女装癖のあるホモセクシャルというわけですね。

 

彼女の場合はゲイ雑誌「Badi」(バディ)の記者や編集者としてこの業界をスタートしており、幼少期の頃から自分はゲイであるとの自覚を持っていたそうです。そんな彼女を裏方の世界から表舞台へと引き上げたのはかの中村うさぎさん。「あなたは書くべき人だ」との言葉をうけ、コラムニストへ転身したのち、芸能界へと進んだようです。

 

彼女がここまで人気となった理由として、そのリベラルな視点と切り口の鋭さにあると思います。テレビにでるような芸能人は今後の仕事やスポンサーの顔色をうかがい、当り障りのない無難なコメントばかり。そんな中で歯に衣着せぬコメントと、あの一度みたら忘れられない巨漢な外見も相まって、かなりのインパクトを残しました。

 

いまや出る番組がことごとく高視聴率となっているマツコ・デラックス。まだまだ彼女の人気は衰えることはなさそうです。