いわゆるお姉タレントをテレビで見ない日はありませんよね。厳密にいえばオネエ系にも特に男性に興味はない女装家だったり、ガッチガチの純度100%のゲイなどいろいろあるわけですが、そういったところまではあまり踏み込まれていませんね(笑)

 

同じ同性愛でもレズビアンのほうはどこかタブーといいますか、表に出しても「笑えない」存在ですが、ゲイのほうは「笑える」存在になっている気がします。これはチンコはネタにしても笑えるけど、マンコのほうは笑えない、といった風潮にも似ていますね。「笑いもの」になってしまっていると思うと少し複雑な気持ちではありますが…多くの人はそこまで考えておらず、単に楽しい物として捉えていることが多い気がします。

 

なのでもし自分がゲイだとカミングアウトしたくなった場合は、あくまで明るくネタっぽい雰囲気を作り出してから告白するといいでしょう。ものすごくシリアスな空気の中、真顔で自分はゲイだと告白された場合は、重々しさから恐怖を感じてしまうことでしょう。皆が好きなゲイというのはあくまでも「楽しく明るい」ゲイなのですから。