ゲイの出会いも大事なのはやっぱり写メ。今回は、ゲイ出会い系サイトの写メの撮影で気をつけるべき点をまとめました。

どの方向の顔にするか。

まずは、いろいろな角度から顔を撮影してみて、どの角度が素敵に見えるのか確認して下さい。

右の目と左の目の大きさは違いますね。右と左の頬の膨らみは違いますね。

そういうことに敏感になってください。

さらにいえば、会った時にどちら側の顔を見せたほうがいいのかというのも意識したほうがいいですね。

写真を撮影するなら自然光で

蛍光灯の光ではなく、自然光で撮影しましょう。蛍光灯の明かりの下で撮影するとすごく安っぽく見えてしまいます。

昼でも夕方でもかまいません。どんなシチュエーションがいいかを考えて時間帯を決めましょう。

また、服は、光を活かすために、できるだけ明るい色を選んでください。

写真はアップにしすぎない。

自分の写真を撮影するときに画像いっぱいに自分の顔を撮影している方がいます。圧迫感があって怖いですね。

カメラ目線である必要はない。

斜めから撮影して目線を外しておくのもクールな感じがしていいですね。自分がどんな表情が似合うのか、いろいろ試してみてください。

下から撮影しない。

下から撮影すると下膨れがめだって老けてしまいます。