「ゲイ出会い」の記事一覧(3 / 6ページ目)

タイプ別!ゲイ専門出会い系での攻略方法

ゲイ出会い

女性にもボーイッシュやお嬢様系などタイプがわかれているように、ゲイとひとくちに言っても様々なタイプがいます。出会い系サイトでアプローチするにしても、もちろんタイプごとに攻略法が異なってきます。あなたの好きなタイプはどのタイプでしょうか?タイプ別に攻略法をご紹介します。

ガチムチ系

ゲイの中でも人気の高いガチムチ系。ハードゲイの芸で一斉を風靡したレイザーラモンHGもこのタイプで、一般人にぱっと見「ゲイっぽい」という印象を持たれるタイプです。ガチムチ系は自分の肉体が自身の源であり、コンプレックスでもあります。そのため彼の体について褒めたり、トレーニングの話題を振ると会話が盛り上がります。写メが欲しいと言えば送ってきやすいのもこのタイプの特徴でもあります。

ガチポチャ系

ガチポチャ系は極楽とんぼの山本圭一のような筋肉質なデブのことを指します。癒し系を求めるゲイの間で人気が高まっています。ガチポチャ系は特にガリ系やニューハーフ系からの支持が高く、自分自身がガリ系やニューハーフ系であると、ライバルが多いことを認識しておく必要があります。その上で、ガチポチャ系を攻略するのであれば、ガチポチャ系は甘えられるのが得意なので、甘え上手になることがポイントです。

ガリ系

力強い男らしい人が人気のゲイの中で、最も人気がないタイプがガリ系です。そのため、ガリ系にアプローチするのであれば比較的難易度は低めになるかもしれません。ガリ系はウケが多く、自分にない男らしさを相手に求める傾向があります。自分の男らしい一面を前面に出してアプローチしましょう。

オラオラ系

ちょい悪な感じで、ホストっぽい服装や髪型をしているオラオラ系はゲイの世界でもいます。異性に対してオラオラする男性と同様、ゲイのオラオラ系も強気で強引に相手を振り回す感じの人が多いです。オラオラ系は説明したように、自分自身を強く見せたい要求が強いので、ニューハーフ系やガチポチャ系など優しめで女性らしい人がタイプです。相手に依存しやすい人がハマりやすいため、オラオラ系の相手を常に立てるなどの女性らしい振る舞いが出来ると攻略しやすいでしょう。

熊系

デブとまではいかないが筋肉質で、ヒゲや胸毛が濃く、立派な人を熊系と言います。熊系の人は一見強面なのですが、実は可愛い一面を持っている人が多いのが特徴です。普段怖がられている熊系の男性の可愛い一面を引き出してあげることで、熊系男性は愛されている感を感じることができ、居心地の良さも感じることができるでしょう。

ジャニ系

ジャニ系はその甘いマスクから、ゲイだけではなく、異性愛者からも人気が高いのが特徴です。イケメンでオシャレなので人気は高いのですが、観賞用として対応されることが多いジャニ系はいわゆる高嶺の花的な存在です。意外とアプローチしてくる人は少ないで狙い目とも言えるでしょう。数少ないアプローチをしてくる人の多くは遊び目的なため、ジャニ系の子は辟易しています。真剣さをいかに伝えることができるかがポイントになります。

イカニモ系

いかにもゲイです、というような、レザージャケットに片耳ピアスにタンクトップ、香水キツめという格好しているイカニモ系はゲイであることにプライドを持っています。そのため、話題はゲイのファッションや、デートスポットなどが盛り上がります。基本的にはゲイ万歳の方向性が好ましく、ゲイであることの不安を語ったり、女装系などイカニモ系な中途半端なゲイと考えている人たちの話題は避けましょう。

ニューハーフ・女装系

ニューハーフ・女装系のゲイは、性同一性障害の人も含まれます。彼女たちは女性らしくなりたいと願っているので、女性として扱われることが大好きです。アプローチする場合は女性に対してするのと同じように優しく接すると喜ばれます。話題も、他のゲイとよくするような会話よりも、女性が好きそうなスイーツやファッションの話のほうが食いつきます。

出会い系サイトで彼氏をゲット!!~男性同士の恋愛も安心して下さい~

ゲイ出会い

恋愛の仕方も様々

思春期になれば、誰しもが持つ『恋愛感情』。しかし、男女間の恋愛のみではありません。男性同士・女性同士といった『同性愛』もあります。そして、自分は同性愛者だとカミングアウトしている方も多くいらっしゃいます。また、『同性婚』を認めている国や地域もあります。

同性愛も立派な恋愛です。ただ単に『恋愛対象が同性だ』という事です。日本では中々認められていないのが現状ですが、同性愛者が集う場が多く設けられています。例えば、『ゲイバー』。しかし、それでは敷居が高いと言っている貴方にも安心して素敵な出会いを得られる場があります。それが『出会い系サイト』です。出会い系サイトを利用すれば、様々なゲイの方と交流が出来たり、彼氏を見つけられる事でしょう。
現在では様々な出会い系サイトがあります。どのサイトにもゲイ専用のコーナーを設けています。それを上手く使って素敵な出会いを探しましょう。

貴方はタチ?ネコ?リバ?

出会い系サイトに登録する前に、自分は『タチ・ネコ・リバ』のどれなのか知っておく必要があります。タチは『攻め・能動的』、ネコは『受け・受動的』、リバは『タチとネコ、両方を持っている』という形で分類されています。これは、自分をアピールする大切な物です。もし、自分がどれなのか解らないと思う方は頭の中でシミレーションしてみて下さい。『このようにしたい(してもらいたい)』と出てくるはずです。どちらの恋愛も経験したいと思っている方は、きっとリバでしょう。自分を知った上で登録しましょう。

どの様なタイプが好み?

貴方はどの様な男性が好みですか?年齢・顔・体型・性格等色々な好みがあると思います。好みは人によって様々です。自分が好きな男性のタイプを知っておく事も重要です。こちらも自分をアピールする為に必須なのです。

登録は無料

自分のタイプや好みが解ったら、次は登録です。登録は無料ですが、使用していくに従って料金が発生してくる場合もあります。男性が使う場合は料金が発生する可能性が高いので、少しずつ課金をしながら様子を見てみましょう。登録を完了した時点でお試し用に無料で使えるコーナーもありますので、使用規約をしっかり確認してから登録して下さい。

また、サイトによっては登録不要の物もありますが、危険性は高いと思って下さい。メールアドレスや電話番号・LINEのIDを悪用されてしまう可能性がありますので、登録が行えるサイトを利用するようにして下さい。

18歳未満は使用禁止

出会い系サイトでは18歳未満は使用できません。風営法や性犯罪に大きく結びつく可能性があるからです。その為に、登録する際は年齢確認を行います。自分の生年月日が書かれている免許証や保険証の写メが必要になってきます。18歳以上であれば大丈夫ですが、18歳未満の方でお父さんやお兄さんの物を悪用してサイトに登録すると、これも犯罪行為になります。絶対にその様な事は止めて下さい。

プロフィールを作成しよう

登録が出来たら、次は自分をアピールする為に大事な物である『プロフィール』の作成を行いましょう。自分の生年月日・自分のタイプ・好み・趣味・特技等を書き込んで下さい。そして、最期には『出会ったらすぐ性行為をしたいか』を書き込みましょう。性行為を行いたい方は『売り(性行為をしてお金を貰う事)・ヤリ目(性行為を行う為だけに会う事)希望』と書けば良いのですが、出会ってすぐに性行為をしたくない方はその旨を書き込みましょう。

顔写真を撮ろう

プロフィールが完成したら、次は自分の写メを撮りましょう。プロフィールに自分の写メをアップする事で自己PRにもなりますし、自分をより解って貰えます。決して真正面から撮る必要はありません。自分が気に入っている角度から撮ったりしても構いません。自分をいかにアピールする事かが重要です。

登録してもそのままにはしない!

登録が完了したのならば、そのサイトを常にチェックする事が大事です。登録したからといって安心してはいけません。運命的な出会いがあるかもしれません。様々な交流コーナーに参加出来るかもしれません。そのままにせず、こまめにサイトを開いて下さい。
そして、是非交流コーナーに参加して下さい。日頃の悩みを打ち明けたり、相談に乗ってあげたりする事でより一層絆が高まります。もしかしたら、好みの男性が現れるかもしれません。ゲイの方々は性や恋愛に対する様々な悩みを抱えています。自分がサポートできる所はサポートし、自分もサポートしてもらいましょう。
しかし、中には残念ながら『冷やかし』もあります。男性を恋愛対象としていないのに、ゲイ専用のコーナーに入って荒らしたり、嫌がらせのメッセージを送ってくる事も度々あります。そのような物は無視を貫いて下さい。自分のプライベートを侵害する物は一切手を付けないで下さい。

実際にやり取りして逢ってみよう

自分好みの男性に巡り会えた時は、相手にメッセージを送ってみましょう。ただし、むやみにガツガツいくのは避けて下さい。嫌われるどころか、ブロックをかけられてしまいます。相手の反応を見てから行動に移して下さい。
相手が自分のメッセージに気付き、返事をしてくれた時はしっかりお礼を言いましょう。これはマナーです。相手に対して失礼の無いように心がけて下さい。その時に『貴方の事を何て呼んだらいいですか?』とメッセージを送って下さい。むやみに自分が思いついたニックネームで呼んでしまわないように気を付けて下さい。相手に嫌われてしまうかもしれません。

何回かやり取りする内に『逢ってみたい』と思った時は正直に言いましょう。相手の反応次第で実際に逢えるかもしれません。もし、メッセージを送ってくれた方が『逢いたい』と仰ってきたのなら、自分の意見を正直に話しましょう。返信をせず、そのまま先延ばしにする事は相手を不安にさせてしまいます。もし、迷っているのであれば『少し考えさせて下さい』と返信して下さい。実際に逢ってみなければ解らない事も多くありますが、現在ではLINEやFacebook等のSNSがありますので、それを活用してみるのも良いかもしれません。

出会い系サイトは顔が全く見えません。だからこそ、マナーを守って慎重に行う事が重要です。中には汚い言葉を発してくる方もいらっしゃるでしょう。しかし、そこは丁寧に対応していく事も1つの勉強になります。『ネチケット』という言葉があるように、エチケットとマナーは守っていきましょう。

貴方に素敵な出逢いがある事を願っています。

あえてゲイ出会い系を利用するメリットって?

ゲイ出会い

私も最初は疑問に思っていました。ゲイ出会い系ってなんのために存在するの? そんなのハッテン場にいけば、いくらでも相手が見つかるじゃんと。実際、ゲイ出会い系には目もくれず、ハッテン場で充実した日々を過ごしていましたが…ある日のことでした。その認識を改めざるをえない出来事が起きてしまったんです。

むしろ、ハッテン場が当然という私の認識がそもそも迂闊すぎたのかもしれません。そういう場での交流しか知らなかったというのもあります。よくある話なのかもしれませんが…私には衝撃でした。それは、私の通っていたハッテン場で病気が蔓延し、ほぼ全員が性病に冒されていたという出来事でした。私がかかってしまったのは淋菌性尿道炎で、病院に1ヶ月も通えば完治するものでした。ですが、これがもしHIVだったら…?そう思うと、私は一気に血の気が引く思いをしたんです。それは私のオキニも同じだったようで、もうココにはこない。ハッテン場自体にもう行かない、とひどく動揺している様子でした。

冷静に考えればその場で会って名前もなにをしている人かも知らないのに、いきなり行為に及ぶということ自体が異常なことなんです。やっぱり相手のことをしっかり知ってから、楽しみたい。そう思った時に最適なのがゲイ出会い系でした。

ゲイ出会い系だって100%安全なわけではありませんが、ハッテン場よりは確実に、段違いに安全なことは確かです。ハッテン場というのは個と個の関係というよりは、もはやハッテン場という集団の中で乱れ合うといった構図です。ハッテン場に10人いたとして、もしそのうちの1人が性病であればそれはもう10人全員が性病であるのと同じ意味です。

しかし、出会い系であれば10人のうち1人が性病だったとしてもそのリスクは1/10です。出会い系が安全というよりは、ハッテン場が危険すぎるといったほうが合っているかもしれませんね。みなさんもハッテン場で後悔するより先に、ゲイ出会い系で安全な出会いをおすすめします。

ゲイ出会い系サイトで使えるテクニック

ゲイ出会い

クンを使う。

○○クンと呼びかけるようにすると、親近感を持ってもらえます。

タイトルが重要

タイトルに魅力がなければ、本文を読んでもらえるとは限りません。まずは、ちょっと目を引くタイトルを考えましょう。相手のプロフィールに書いてあることに、タイトルで触れていたほうがいいですね。

リバOKならそのことを書いておく

リバOKなら、かならずそのことを書いておいたほうがいいですね。そのほうが相手の範囲が広がります。私はウケリバですが、そのことを正直に書いたら一気に返信が増えました。

自分が美に気を使っていることをアピールする

自分が美に気を使っていることを強調してください。その辺は、女性よりもゲイのほうがよほど敏感です。どんな服が好きか。どんなアクセサリをつけているのか。そういうことを私たちゲイは知りたいんです。

行けそうだったら一気に行く

男女の出会い系と違ってゲイ出会い系の場合は、行けそうだったら短期間で一気に決めるほうがうまくいくことが多いですね。ゲイは性に貪欲なので、とんとん拍子にすすみます。

タチ・ウケ・ネコ・リバ

ゲイ出会い

ごぞんじの通り、タチは男役・ウケは女役・ネコも女役・リバは両刀

ですね。

さて、このうち、ゲイ出会い系では、ウケ・ネコのほうが多いんです。まあ、実際の生活でもみなさん感じていますよね。

私もネコなんですけど、ネコってあんまり言いづらいんですよね。なんか突っ込まれるのが好きって思われるのがイヤというか……。

だから、私は基本的にはリバだと言うようにしています。

そのほうが出会いも増えますしね。すごく好みのタイプだった場合には、タチでもいいかなって思いますし。

もしあなたがタチリバ・ウケリバだとしたら、かならずそのことを明記するようにしてください。

できるだけ広く相手を募集したほうが出会いがうまくいく可能性が高まりますからね。

サクラはほぼいませんが、冷やかしがたまにいます

ゲイ出会い

ゲイ向け出会い系サイトにはサクラがほぼ存在しないというのが定説です。違うサイトの運営会社が自社サイトに引きこもうとして

おいしい話や魅力的な画像で釣ってきて、続きはこっちのサイトで話そう!なんていう他業者によるサクラというのは存在しますが、サイト運営自体が雇ったサクラというのはお目にかかったことが無いです。

なぜなら、そもそもサクラが必要ないからですね。一般的な出会い系サイトでサクラが必要とされてきた主な理由は、その男女比にあります。どうやったって、男性会員のほうが多くなるわけです。

だって、並以上の女性であれば街を歩くだけでナンパされることはよくあることですし、そのナンパについていくだけで一時的なセックス欲を満たすことが出来ますからね。

ただ、男性であればなにかと努力をしなければなりません。それは時間的なものだったり、金銭的なものだったり…。そのため、なかなかセックスの機会がない。そのセックスする機会を探す一つの手段として、男性は出会い系に殺到するわけですね。

その少ない女性会員との差を埋めるために、しかたなくサイトがサクラを投入しているわけですね。そうじゃないと、男性ー女性というやりとりのラインがそもそも成立しないわけですから。

でも、ゲイ向け出会い系サイトではすべてゲイというひとくくりの塊の中で出会いを求め合うわけですから、男性ー男性という一つのラインしかないわけです。つまり、わざわざサイトがサクラを投入せずとも、勝手にやりとりを進めてくれるわけですね。

いまはサクラを雇っていると詐欺罪で摘発される前例もでていますし、わざわざそんなリスクを冒す必要性がありませんからね。そういう意味では、サクラの心配をしなくていいのはゲイ向け出会い系サイトの特権ですね。

気をつけたい冷やかしの存在

ですが、ある意味ではサクラ以上に厄介なひともいます。それは冷やかしという存在ですね。ゲイというのは昨今、だいぶ市民権を得てきているように感じているのは皆さんそうだと思いますし、事実そうだと思います。テレビでもおねえタレントを見ない日はないですからね。

そうして認知されていくと、興味本位でどういう世界なんだろう?と覗きたがる人たちが出てくるわけです。特に厄介なのが腐女子と呼ばれる存在。彼女らはボーイズラブという、マンガやアニメの男性キャラ同士のホモセックスを想像することに興奮を覚えるようです。

二次元だけの世界でとどまってくれれば私達の世界とは無縁の存在ではありますが、そこから実際の男同士の恋愛やホモセックスはどうなっているんだろう?と興味をもって、ゲイのふりをして潜入捜査のようなことをしてくる子が多いのです。

出会い系でも、たまにネカマ…いわゆるネットオカマという女性のふりをする男性がいたりしますが、彼女らはその逆のケースといえるでしょう。別になにか危害を加えてくるわけではありませんが、実際に会えるわけではないのでただひたすらに無駄です。

そういう冷やかしで時間と労力をムダにしないためにも、会うことをしぶったり先延ばしにするような人には注意をしましょう。

ゲイ出会い系サイトも普通の出会い系サイトと同様です。

ゲイ出会い

男女間の出会い系サイトと違って、ゲイ出会い系サイトの場合、いきなり

いつ会える?
いつセックスする?

なんて聞いてくる人がいます。

たしかに、それでトントン拍子で話がすすむこともありますが、そうでない場合がほとんど。

やっぱり、信頼できるパートナーとじっくり出会いを探したいという人も多いんです。

相手がどういう出会いを求めているのかを見極めて、ヤリトリをすすめてください。

もちろん、ただたんなる体目的でゲイ出会い系を利用している方でしたら、そういうヤリトリをバンバンやりつづけてればいいと思います。

私のゲイ出会い

私の場合は、やっぱりお互い理解しあって、信頼関係を持って、そして性行為をしたいと思っています。

P自慢をいきなりしているような人とパートナーになることは考えづらいんですよね。私はヤリ目は相手にしていないので、プロフィールにはっきりと「ヤリ目NG」って書くようにしています。

また、最初に会う時も、いきなり夜会うのではなくて、昼間にランチでもっていう感じで誘っています。それで、今では、本当に信頼し合えるパートナーを見つけることができました。

どうでもいい相手と100人ヤるよりも、信頼できる相手と100%の性行為をするほうがずっとゲイ生活が充実するものなのです。

ゲイ出会い系サイトには、いろいろな目的を持って利用しているゲイがいます。きちんと自分に合ったパートナーを探せるようにがんばりましょうね。

ゲイ出会いに重要なのは会話力です。

ゲイ出会い

ゲイ出会いを成功させるために重要なのはとうぜんながら会話力です。会話がスムーズにできなければ、ゲイ出会いを成功させることはできません。

しかし、会話にはセンスが必要です。そして、このセンスは一朝一夕に鍛えることはできません。

しかし、大切なのは「鍛えることができる」という事実なんです。

このことに気づかず、いつまでも引っ込み思案でゲイ出会いを成功させられない人が多い。そんなのもったいないんです。いまからでも遅くはありません。会話力を鍛えて、素敵な出会いを見つけましょう。

会話を鍛える方法はいくつかあります。

話題

会話が下手な人は、話題を探そうとします。例えば天気の話をしようとか、スポーツの話をしようなんて考えるんです。

そして、ただただ情報のヤリトリをするだけなんです。

しかし、会話とはそういうものではありません。わたしたちが聞きたいのはそういう話ではありません。

その話題の中で、あなたがどういう立場にいるかをしりたいんです。あなたを知りたいんです。あなたはあなたのことを伝えなければならないんです。

たとえば、雨の話をするなら、

「外回りの仕事をしていて急に雨が降ってきて大変だったよ。でもぼくは、雨に濡れたとしても、あんまり濡れなくて良かったってポジティブに考えるようにしているよ」

なんていう話をするんです。

その話題とあなたとの関連性を話していくわけです。

ただたんに話題だけを並べ立てても意味がありません。

聞く

ほとんどの人は話を聞くのが下手なんです。もっといえば、「聞くのが下手」どころか聞いていません。

会話は、耳で聞くのではありません。耳で、体で、目で聞くんです。相手のすべての情報を自分にとりこむんです。

もしも、耳だけで聞いていたとしたら、相手はあなたを「きちんと話を聞かない人」と認識するのです。

そして、きちんと話を聞いてくれない人とは、会話をしたくないんです。

そんなことでは、ゲイ出会いは成功しません。

まずは、相手の会話を聞くときには相手の目を見ることから始めてください。

目を見て会話を聞くことがゲイ出会いを成功に導く第一歩なのです。

目を見る。

目を見るといっても、目をじっくり凝視しているだけではダメ。

両目と鼻の間の三角形を見るようにしてください。

そして、ときおり会話の重要な部分にさしかかったときだけ目を見るようにするんです。

日本人の場合は、このくらいのアイコンタクトがちょうどいいようですね。

ためしに、仲の良い友人の話をこんな風に聞いてみて、どう思ったかを聞いてみてください。あなたが一生懸命目を見ようとしても「目を見過ぎ」とは絶対に言われないものなのです。

動く

相手の話を聞いているときは顔と体を動かさなければいけません。

相手の話を聞いて驚いたときには、驚いたような表情と態度を見せてください。面白かったら、楽しかったら……すべて同じ。

きちんとリアクションをとってください。そうやって同調していけば、すぐに仲良くなれるんです。

自分の話をしない。

自分の話ばかりベラベラと話すのはやめてください。

人はだれしも、自分の話を聞いてくれる人が好き。

でも、だからといって自分ばかりが話すのはルール違反です。もしも、自分ばかり話しているなと思ったら、質問をして相手が話すことを促してください。

そのときに、「あなたに興味があるから質問しているんだ」という感情が伝わると良いですね

ゲイ出会いでの写メ撮影テクニック

ゲイ出会い

ゲイの出会いも大事なのはやっぱり写メ。今回は、ゲイ出会い系サイトの写メの撮影で気をつけるべき点をまとめました。

どの方向の顔にするか。

まずは、いろいろな角度から顔を撮影してみて、どの角度が素敵に見えるのか確認して下さい。

右の目と左の目の大きさは違いますね。右と左の頬の膨らみは違いますね。

そういうことに敏感になってください。

さらにいえば、会った時にどちら側の顔を見せたほうがいいのかというのも意識したほうがいいですね。

写真を撮影するなら自然光で

蛍光灯の光ではなく、自然光で撮影しましょう。蛍光灯の明かりの下で撮影するとすごく安っぽく見えてしまいます。

昼でも夕方でもかまいません。どんなシチュエーションがいいかを考えて時間帯を決めましょう。

また、服は、光を活かすために、できるだけ明るい色を選んでください。

写真はアップにしすぎない。

自分の写真を撮影するときに画像いっぱいに自分の顔を撮影している方がいます。圧迫感があって怖いですね。

カメラ目線である必要はない。

斜めから撮影して目線を外しておくのもクールな感じがしていいですね。自分がどんな表情が似合うのか、いろいろ試してみてください。

下から撮影しない。

下から撮影すると下膨れがめだって老けてしまいます。

ゲイは、服装のオシャレな男性を好みます。ダサい男はぜったいに嫌われます。

ゲイ出会い

ゲイは、服装のオシャレな男性を好みます。ダサい男はぜったいに嫌われます。

なぜなら、服装のセンスというのは、ある程度、その人のパーソナリティを反映するからです。

服装がダサい男は会話もダサいと思っています。

コミュニケーション能力が低いから服装がダサいんです。

でも、もしもあなたがオシャレな人だとしても、自分から「私はおしゃれです」なんて言えませんよね。

だから、そういうときは、若い男性の場合は「セレクトショップで働いています」などと書いてしまえばいいんです。

中年の場合は「◯◯のバイヤーをしています」なんて書いちゃってください。

このくらいの嘘は許容されます。

とにかく会ってもらわなければ始まらないんです。

会った時にバレない嘘は許容範囲と考えてください。

だいたい、相手のほうは、ださくなければいいくらいに考えてるだけなので、あの仕事はもうやめたって言えば、それで満足してくれるものです。

ページの先頭へ